【インプラントとは】の記事一覧


インプラントとは

インプラントとは、歯が欠けたところに、
歯の機能を代用させる目的であごの骨に埋め込む
人工的な物質のことです。

虫歯などで、歯が失われた場合に施される入れ歯などの処置は、
できるだけ天然歯に近い人工歯を入れて、
噛む機能を復活させる事が目的です。

しかし、歯の数が減ってくると歯冠だけでなく、
噛む力を支える歯根までも失ってしまっているので、
噛む機能を復活させる事が難しくなります。

そこで、歯の失われた部位のあごの骨の中にインプラントを埋め込み、
その上に人工歯を取り付ける事で、機能を回復するための治療方法が
インプラント治療です。


インプラントに用いられる人口物質は、
チタンが多く使われています。

もとは、英語のdental-implant
デンタルインプラントで、
一般には単にインプラントと略称されます。

インプラントをあごの骨に埋め込む手術をして、
その上に人工歯冠などをつける一連の治療を、
インプラント治療と呼びます。

インプラントという言葉は、
人工歯根を指す言葉であると同時に
この治療の事を指すことも多いです。

インプラントは差し歯や入れ歯とは違い、
チタンなどの人口物質を埋め込むので、長持ちはしますが、
安価でないことは確かです。

しかし、ブリッジや入れ歯と違って、
天然歯の状態により近い機能・形態の回復が得られ、
また周囲の歯を削ったり、それらに負担をかける必要がないため、
インプラント治療を受ける人は近年、激増しています。

トップへ戻る

インプラントの分類

インプラントの分類

骨膜下インプラント

骨膜下に位置するインプラント
骨体内に位置しないため埋入後に粘膜の減張切開などを必要とする。
現在ではあまり用いられていない。

骨内インプラント

骨体内に位置するインプラント
その形状によりスクリュータイプ、シリンダータイプやブレードタイプがある。
現在の歯科用インプラントの殆どがスクリュータイプの骨内インプラントである。

歯内骨内インプラント

歯根を貫通し骨体内まで到達するように位置するインプラント
過去において歯周疾患により動揺度が過大な歯牙に対して用いられていたが、
現在では殆ど用いられない。

トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。