インプラントの歴史(2)

インプラントの歴史(2)

大きなターニングポイントとなったのは1982年のトロント会議。
そこで予後15年の症例が報告され、一大センセーショナルを巻き起こし、
北米を中心に普及が始まった。

インプラントの形態は大きく分けてブレードタイプと呼ばれる板状のものと
ルートフォームと呼ばれる歯根様のタイプがあるが
ルートフォームが主流になり現在に至る。

ルートフォームは当初はシリンダータイプと呼ばれる滑らかな表面だったが、
ネジ状の形態の方が初期固定に有利とわかり、
現在のインプラントにはネジ山(スレッド)がつくタイプになっている。

また1991年に表面が機械研磨(いわゆる削りだしの状態)より
強酸で表面処理をした方が骨との結合がより強くなるという論文が発表され、
それ以降各社表面をブラストや強酸により処理しラフサーフェス(微小粗雑構造)を作るようになり
表面性状の良さを競っている。

現在さらに表面をフッ素コーティングをする事により骨伝導と石灰化が惹起され、
治癒が早まると注目されている。

日本ではまだ認可されていないが数年のうちに日本でも
フッ素コーディングタイプのインプラントが登場する事が予想される。

このようなインプラントの改良により予後は日々向上している。

トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。