インプラントの歴史(1)

インプラントの歴史(1)

失った歯を人工材料で補う試みは古くから行われてきた。

上顎骨に鉄製のインプラントが埋まった
紀元2世紀から3世紀の古代ローマ時代の人骨が発見されており、
このことはすでにインプラント治療が試みられていたことを示している。

5世紀のマヤ文明の遺跡で発掘された下顎骨には、
天然の抜去歯2本と貝でできたインプラントが埋まっており、
歯石がついている事からかなり長期に機能したと考えられる。
これは、世界で最初の実用に耐えたインプラントだと考えられている。

日本においても16世紀の木製の総義歯が残っており、
すり減り具合からこの義歯が長年使用したことが推測されている。

インプラントが臨床に登場したのは1910年代。

1910年代にはバスケット型、1930年代にはスクリュー型、
1940年代にはらせん型のインプラントが考案された。

しかし予後は著しく悪かった。

インプラント治療最大のブレークスルーと言われるのが
1952年スウェーデンのプローネマルク教授によって、
チタンが骨と結合することが発見され、
チタンがインプラントに応用されるようになった事。

これによりしっかりと骨に結合するインプラント治療が可能になった。
動物実験を経て、1962年から人間に本格的にインプラント治療が行われるようになった。

ただ、ブローネマルク教授が歯科医師ではなかった事などがあり、
批判的な立場の歯科医師も多く普及には至らなかった。

トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。