インプラント治療の特徴

  現在、実用に供されている人工臓器の中では、
  最も完成度の高いものであると考えられています。

  歯を補うための治療は「入れ歯」、「さし歯」がありますが、
  インプラントによる治療方法は
  「入れ歯」、「さし歯」と違って以下のような大きな特徴が挙げられます。

  インプラントのメリット
・ 見た目が天然歯に近い  
・ インプラントが、あごの骨がやせるのを防ぐと言われている。
 ・ 歯が1本抜けている場合、抜けた部分のみにインプラント
   行うことができるので、他の歯を削ったり、それらに負担をかける必要がない。
 ・ たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、
   かむ力を支えなければならなかったが、インプラントは、
   全体の歯でバランスがとれるので、噛むときの負担が少ない。
 ・ 固定式なので、食物を噛み砕くときの安定性がよい。
 ・ 天然歯の状態により近い感覚で噛む事ができるので、
   食べ物の味や感触が良くわかる。
・ 天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく固いものを噛むことができる。

  インプラントのデメリット.
・ 現在、健康保険が適用できないので費用がかかる。
・ インプラントを埋め込む手術が必要。
 ・ 全身の疾患のために、インプラント手術が出来ない事がある。
 ・ 骨から体外に直結する構造のため、天然の歯周組織と比べて、やや感染の危険性が高い。
   従って人工歯根を維持するためには、口腔衛生の管理と定期的な検診が必要。
 ・ 稀に術後の後遺症がある。
トップへ戻る

インプラントとは

インプラントとは、歯が欠けたところに、
歯の機能を代用させる目的であごの骨に埋め込む
人工的な物質のことです。

虫歯などで、歯が失われた場合に施される入れ歯などの処置は、
できるだけ天然歯に近い人工歯を入れて、
噛む機能を復活させる事が目的です。

しかし、歯の数が減ってくると歯冠だけでなく、
噛む力を支える歯根までも失ってしまっているので、
噛む機能を復活させる事が難しくなります。

そこで、歯の失われた部位のあごの骨の中にインプラントを埋め込み、
その上に人工歯を取り付ける事で、機能を回復するための治療方法が
インプラント治療です。


インプラントに用いられる人口物質は、
チタンが多く使われています。

もとは、英語のdental-implant
デンタルインプラントで、
一般には単にインプラントと略称されます。

インプラントをあごの骨に埋め込む手術をして、
その上に人工歯冠などをつける一連の治療を、
インプラント治療と呼びます。

インプラントという言葉は、
人工歯根を指す言葉であると同時に
この治療の事を指すことも多いです。

インプラントは差し歯や入れ歯とは違い、
チタンなどの人口物質を埋め込むので、長持ちはしますが、
安価でないことは確かです。

しかし、ブリッジや入れ歯と違って、
天然歯の状態により近い機能・形態の回復が得られ、
また周囲の歯を削ったり、それらに負担をかける必要がないため、
インプラント治療を受ける人は近年、激増しています。

トップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。